スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★モズク蟹★河津の名物料理!

DSCF0919_convert_20141029040212.jpg
これは一般的にズガニと言われる、河津の名物蟹です。
多分、きれいな川にはどこでもいるのでは?と思われるのですが、
条件があるのかもしれません。河津だけでしか取れないわけでは無いようです。

DSCF0920_convert_20141029040143.jpg
大きいのが、雄、小さい2匹が雌です。
な、なんと!これはふぁんママが捕ったんですよ!

ファンファーレの敷地にある清流に住んでいます。005_convert_20131016081830.jpg
海から上がってくるのだそうですが、源流の付近では住み着いているのもいるとか・・・

この蟹は、世界で一番旨いといわれている、上海ガニと同種類の蟹です。
DSCF0921_convert_20141029040652.jpg
よく見ると、雄の鋏のところに藻屑のような毛がいっぱいありますよね。
これが名前の由来です。でも、藻屑蟹ではなく モズク蟹というんですが・・・
この辺はよくわかりません。誰かが言い間違えたんだか?

モジリという仕掛けで捕ったんですが、仕掛けから出すとき雄蟹に挟まれました。
すっげえ痛かった・・・絶対食べると誓いました!

ホントは清流なので汚れていないんですが、水に入れて灰汁抜き?をしています。

これの料理法はいろいろあります。

生のまますり鉢で擂り潰して、味噌汁にする・・・これが一番有名です。
味噌汁に固まっていない卵が、ふわーーっと浮いたような感じになり、カニの味を凄く味わえます。
料理としては、一番面倒です。
擂り潰した殻は出汁が出たら濾します。
この出汁でうどんにして、ズガニうどんという手もあります。

大きい蟹を米に一緒に炊き込む、カニ飯もあります。
蟹の殻から、出汁が出てこれも好きな人にはたまらないようです。
これは、雄の蟹でやるようです。姿のまま入れます。

河津の地元の一般の人たちは、茹でてミソや身をせせって食べるようです。

茹でるより、蒸したほうが美味しいと思うのですが、ものすごい暴れ者なので、
熱湯に入れないと、やりにくいのかも・・・

以前どうしてもこれを召し上がりたいというお客様のために、フードプロセッサーで
やってみたら、殻が固すぎてあの強力な、クイジナートの歯が、がりがりになってしまいました。
原始的な、すり鉢での体力仕事のほうが費用が掛かりません。

この蟹は10月からしか捕ってはいけないので、河津では今が旬の時期なんです。

上手くいけばお出ししますよ!

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ
にほんブログ村


僕も 食べたーーーい!!!


犬がカニ食べる話・・・聞いたこともないわ!

駄目よ!ダメ・ ダメ!?

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

[ファンファーレ]

Author:[ファンファーレ]
>> ペンションファンファーレクラブのホームページはこちら


ポチッとクリックお願いします!
       ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へにほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへにほんブログ村 旅行ブログ ペンションへブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。